FC2ブログ

北海道綴り方事件・・・


知ってはいました。

旭川市出身の作家、故三浦綾子さんの銃口を読んだことがありました。

戦時下に綴方(つづりかた)=作文=教育を実践した道内の教員らが治安維持法違反容疑で逮捕された
北海道綴方教育連盟事件」で、勾留中の元教員が釧路市内の刑務所で書いたメモが見つかり、
道立文学館(札幌)に所蔵されることが16日、分かった。  北海道新聞ニュースより


獄中メモには、教育活動にまで同法を適用して共産主義者に仕立てる特別高等警察
特高)の取り調べなどが詳細に記され、当時の思想統制の実態を伝える極めて貴重な史料という。

同事件は、戦時下の弾圧事件では道内最多の逮捕者数で、全国的にみても最大級。
当局が終戦直後、関係書類の廃棄を命じたため当時の史料はほとんど残っていない。
事件は21日に、発生から73年を迎える。

関係書類の多くが破棄されたのというのも
びっくりですが

これが見つかったのもびっくりですね。

治安維持法、赤、特高 などなど
小説などで知ることができますが

歴史的事実としては、詳しくしることはほとんどないですね。

自分の考えをはっきり述べることが許されないこと
かくことも伝えることも許されなかったという

そういう時代があったことは、しらなくていいことだとは思えません。

ぜひ見に行きたいと思います。
スポンサーサイト



tag : 北海道綴り方事件 特高 思想 歴史 北海道

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おみくじ
リンク
twitter
SHIMANO UCHIDA
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR