fc2ブログ

怖いなあ、どっちですか???

子宮頸がんのワクチンは

年齢がまだ若いうちに接種するのが望ましい

効果的に発症を減らすことができると

またたくまに自治体のサポートもあり

お嬢様をもつ家庭などでも接種をしにいったご家庭もあると思います。

賛否両論がありましたが・・時限的措置ですでにご経験の方も多いです。

このような記事を発見しました。

3月7日、東京都杉並区内の女子中学生(14)が子宮頸がんワクチン『サーバリックス』を接種後、
歩行障害などの重い副反応が生じ1年3ヵ月に渡って通学できない状況だったことが判明した。

接種が3回必要となるこの『サーバリックス』。

11年10月に杉並区内の医療機関で2回目の接種を受けた直後、接種した左腕がしびれ、腫れて痛む症状が出た。症状は脚や背中にも広がり、入院。今も割り算ができないなどの症状が残っているという。

20~30代で急増する子宮頸がんだが、ウイルスに感染している可能性が低い10歳代前半にワクチン接種することで、より効果的に発症を予防できると言われています。


幼い頃から、色々な予防注射をうけました!!

これに関しては自分が子供の頃よりはるかに

色々なことがシステム上研究上変わっていると思います。

極端に具合が悪くなる子供もいたはずです。

しかし、今回のケースのようなのは

怖いです。 予防のためにした接種が

その方の今後の生活に影響をあたえるほどの

違う病気や症状がでてしまっては元も子のありません。

しっかりと調査をしてもらいたいと思います。




スポンサーサイト



tag : 予防接種の怖さ治療予防子宮がん検診若いうち

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おみくじ
リンク
twitter
SHIMANO UCHIDA
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR