fc2ブログ

北海道の冬の停電は命にかかわる。

そういう記事を読みました。

まさにそのとおりです。

厳寒の北海道で大規模な停電が起きれば、住民の命にかかわる

政府と北海道電力は地域とも連携して需給対策に万全を期し、電力危機を回避しなければならない。

電力各社は今冬、供給力が需要を上回ると予想している。
火力発電などの供給増強に努めたほか、節電が定着したからだろう→確かに

北海道の冬の家の中、本州からきた人は暖かいとびっくりするという話しは良くききます。


昨年や今年の夏に続く節電モード、これからの冬の季節にも

一工夫二工夫ができますね。


電源のいらない、昔の灯油ストーブの売れ行きもいいとか??

ありましたね~→でもちゃんと色々守らないと事故のもとですので

久々に普及するそのストーブ!!!

皆様、ご注意されてください。

また他の記事では、

冬のピーク需要に対する供給力の余裕は、約30万キロ・ワットしか見込めていない。
まさに綱渡りの需給といえよう。

停電時はエアコンだけでなく灯油やガスのファンヒーターも止まる。
北海道は最低気温が氷点下30度を下回る地域がある。
暖房の停止による室温の急降下で、凍死する危険は否定できまい。

節電、原発の問題色々ありますが、まず厳冬の時に

大事がおきてはならないことを考えて欲しいです。

大規模な停電、は大雪でもおこりえますし、地震の被害でもおきます。

冬に向けてもう一度、色々考えてみたいと思います。

 
スポンサーサイト



tag : 節電北海道停電厳冬灯油ストーブ命にかかわる

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おみくじ
リンク
twitter
SHIMANO UCHIDA
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR