fc2ブログ

乳がん再発防止について東京大学での研究発表

yomiurionline より

乳がん細胞のもととなる「幹細胞」が、体内で増殖する仕組みを、
東京大学の後藤典子・特任准教授と日野原邦彦・特任助教らが明らかにした。


その幹細胞を狙って根絶することで、乳がんの再発を完全に防げる可能性があるらしい。


がん治療は一般的に、抗がん剤や放射線治療でがん細胞を死滅させるが、
がん細胞を生み出す幹細胞が残ってしまうと再発の可能性が高くなる。

乳がんの組織に含まれる幹細胞が、塊を作って増殖することに注目。

細胞表面に「HRG」というたんぱく質が結合することが、
引き金になり、複数のたんぱく質が作られて、増殖に必要な環境を維持することを突き止めることができたという。


がん患者は生活環境や食習慣の変化、晩婚化などの影響で年々増えている。

最近までは乳房を切除することによって
根源をたっていたと方法であったが

乳房を温存する療法が広がり、今は残す方向になっている。

 症状が同じ場合の生存率は、乳房を残しても切除してもほとんど変わらない。
温存療法の後に放射線治療をすると、しない場合と比べ再発率が低くなる。


乳房を完全に失うのと温存する、または再整形するのとでは
女性にとっては大きな問題である。

がんになったという事実よりも
乳房を失うというダメージで心も弱り、その後の
生き方や回復にも多いに関わってきてしまうとも良く聞く。

がん検診などで自分の身体を守ることは大事であり
元気なうちに自分を守るためにアフラックがん保険や医療保険

女性にとって大事な部位を守るための保険をぜひ
普通のがん保険とともに加入しておくと安心です。

今回のような医学的進化は多いにどんどん進んでいって欲しいと思います。

今、元気なうちにぜひ、一度お考えください。




スポンサーサイト



tag : 乳がん再発防止アフラックがん保険女性のために乳房再建手術がん検診医学的進化

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おみくじ
リンク
twitter
SHIMANO UCHIDA
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR