fc2ブログ

道内初!!コンビニ移動販売~便利に伴う心配は??

昔もこのような風景があったような気がします。

買い物した記憶はないので映画とかで見たのでしょうか?

子供の頃に住んでいた田舎の地域では

町にお魚やさん、八百屋さん、雑貨屋さん 薬屋さん、お肉屋さん、おもちゃやさん、酒屋さん、お米やさん

など、いわゆる専門のお店が一件ずつありました。

今は、それらが全てスーパーで解決しますし。

スーパーに行く必要がない場合は

コンビニで解決できますね。


北海道での過疎地域で高齢化や商店街の減少で、車がなければ

不便になっています。

都会でも商店街やスーパーの撤退で買い物難民という言葉を聞きます。

20120302-359075-1-N.jpg

北海道の比布町で、コンビニエンスストア大手「セブン―イレブン」が1日、
移動販売車による巡回販売を始めた。道内初です。
 
同町は住民の約36・6%が65歳以上の高齢化地域。

買い物ができない町民は人口の36%にあたる約1400人にのぼり、
高齢者が歩ける範囲に十分な店がないなどの問題が深刻化している。

卵や牛乳、日用品など約150種類の商品をそろえており、町内の団地や老人ホームなどを巡回する。

ほんとうに便利な世の中になりましたね~

どのくらいの割合なのでしょうか?毎日なのか

1週間に一回程度なのか・・・

町内の団地や老人ホームに巡回というので、これ目当てで家からでてきて

近隣の方と話をする高齢者なども増えるのではないでしょうか?

コンビニのCMは最近では、高齢者のご夫婦や、一人暮らし、子どもを含めた4人家族が

顔をそろえて、ここの食材で十分です~と放送されています。

確かにそのように思えます、お弁当の種類も多い。

安全面でも表記されていることを見ると大丈夫と思います。

味も手作りと遜色がない・・・・・


その一方で食は文化である、家の味・・スローフードに帰ろうとか

食べる事という行為も重要視されています。

便利な一方

おかあさんのお弁当より美味しいコンビニのお弁当~になるのはさびしい気がしてしまいます。

スポンサーサイト



tag : コンビニ移動販売セブンイレブン比布町食の安全スローフード買い物難民買い物弱者おふくろの味

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おみくじ
リンク
twitter
SHIMANO UCHIDA
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR