fc2ブログ

貯蓄を保険へ~

平成21年度の生命保険に関する全国実態調査によると

世帯年間払い込み保険料が45.5万円


※平成9年は実はピークだったのですね67.6万円という結果がでています。

現在から比べると-33%で実は20年前よりも低い水準となっています

それだけ、日本が経済状態が悪く、個々の家庭でも不況が色濃いという事なのでしょう


顕著な特徴としては共働きが増えたので世帯主の死亡保険金は1.760万円

※平成9年は2.372万円

死亡保障が必要不可欠というのは縮小の一途をたどり

さらに少子高齢化もかなり影響しています。

一家の大黒柱が不幸にも亡くなると明日から路頭に迷う、生活できない

という必要性が生活環境の変化で少なくなっています。

実は利にかなっていて、重要な事で、実はよくわからずに死亡保障が大きい保険に
ご加入されている方は要チェックですよ。

奥様がパートでご主人の生計のみが生活の中心で、住宅ローンがない、いわゆる持家をまだもたない
小さいお子様がお二人いるご夫婦・・・そういう場合はやはり従来の死亡保障がある程度必要ですね。


ですが、夫婦ともに正社員もしくは、同等に値する仕事を持っていて
ご結婚と同時に住宅ローンで住宅を取得、お子様がお一人・・・

ご主人が亡くなって、すぐに生活困窮になることはありません。

(↑住宅ローンに関しての保険や状況は別な機会で触れることとします)

そこで今回の貯蓄を保険にですが・・

現在保険の見直しが盛んで上記に書いたように必要なものを取り入れて
不必要なものはディスカウントするそれが主流となっています。

貯蓄に回っているお金を貯蓄性の高い保険へ加入することを検討するのはいかがでしょうか?

実は医療保障ぽい『三大疾病保険』というのは

解約返戻金があり予定利率も高いです。

保険料もそれほど高額ではありません。

30歳女性が保険金額200万円のコースで65歳払い済み 月々保険料が3.562円の場合
65歳にて解約した場合の戻り率は99.2%で1.484.764円になります。

なおかつ、一番危険な年齢の時に心配な三大疾病の保障がうけられる。

ぜひ、保険のみなおしを今年はもう残り少ないですが

してみるのはどうでしょうか?


スポンサーサイト



tag : アフラック三大疾病生命保険実体調査予定戻り率住宅ローン共稼ぎ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おみくじ
リンク
twitter
SHIMANO UCHIDA
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR