fc2ブログ

中古車の放射能測定・・・地元ニュース

北海道新聞より~

小樽市港湾室は24日、小樽港からロシアのサハリン南部コルサコフ港に輸出される予定だった中古車
1台から、最大で毎時7・55マイクロシーベルトの放射線量が検出されたと発表した。
荷主の中古車業者(小樽)は輸出を取りやめた

テレビのニュースでも北海道でも
放射能量を調査したことを取り上げていましたが・・

この中古車はどこからのだったのでしょうか?

もしくはどのような部分を測定したのでしょうか? 気になります。


放射線量の事はすでに色々なところで測定も行われ

そういったニュースを取り上げている事も多いです。

ふと思った事ですがマイクロシーベルトとべクレル

セシウムという単位・・

よーく考えるとわからなくなってしまいます。

ベクレルは放射能の強さを示す単位です。

人間の被曝する放射線量は、
シーベルトという単位で表現します。
つまりシーベルトは量の単位です。

換算計算は数学の苦手な私には???となってしまうのですが

あるサイトの説明にお世話になると

まずはレントゲン1枚同じ放射線量としては、
これはほぼ胸のレントゲン写真1枚分(1枚20~50μSv)
くらい44μSv(マイクロシーベルト)
となるようです。


単純な計算にはならないようですが・・・

これもテレビのニュースなどでよく聞きますが

通常、今まで福島の地震が起こる前にレントゲン1枚同じ放射線量としては、
これはほぼ胸のレントゲン写真1枚分(1枚20~50μSv)
くらい44μSv(マイクロシーベルト)
となるようです。
 

すると7・55マイクロシーベルトの放射線量で輸出を取りやめたという記事を見るだけでは

数値がさほどではないのでは?と思ってしまいます。


放射線測定器の信ぴょう性や基準の明白さも同時にお知らせしてほしいなと

思ったりします。





スポンサーサイト



tag : 放射線計測器放射能レベルレントゲン写真信ぴょう性小樽中古車放射能

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おみくじ
リンク
twitter
SHIMANO UCHIDA
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR