fc2ブログ

三大疾病保障プランのもつ意味~生活習慣病の保障とは・・・

がん検診やがん保険の必要性については

このブログでも良く取り上げますが・・・

今回は三大疾病保障プランという保険の必要性についてて考えます。

ずばり三大疾病 がん・急性心筋梗塞・脳卒中のもしもの時に保険が支払われます。

がんは診断された時に支払われます。(1回限りの保険金の支払いになります。)


急性心筋梗塞と脳卒中は所定の状態になり診断された時に支払われます。


がんについて説明すると、初めて診断された時に支払われます。

これはがん保険と同じです。

では、なぜこういう保険があり、すすめるのか??

手術入院治療などが続く分はアフラックのがん保険が手厚く保障します⇒ここで、旧タイプのがん保険に

ご加入の方はぜひチェックしてみてください。現在の治療や医療にあったものと
なっているかが大事です。


手術入院後、仕事を続けながら治療したり、病気療養の期間中に
休職をする場合があると思います。

6割の方が休職を経験したり収入が減ったと回答されています。

そういう場合に経済的困窮をさけるために年収程度の保険金額で

三大疾病保障プランという保険を活用すると安心できます。

30代男性で終身払いにすると月々は3446円になります。

これは解約返戻金もありご契約時からの払い込み年数に応じた金額になります。

これは、もしもの時のための通常の貯金?200万円あるというのとは⇒100万単位で保険金額を
設定できます。

まったく異なった考え方で月々小さな金額で大きな保障が得られるものになっています。

病気、怪我などでの高度障害の場合にも支払われます。

(全て1回限りの保険金の支払いになります。)

収入保障の意味でこういうプランの設定も一度ご検討されてみませんか?

スポンサーサイト



tag : 三大疾病保障プラン収入保障がん保険の保障高度障害治療期間休職期間収入の減少

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おみくじ
リンク
twitter
SHIMANO UCHIDA
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR