fc2ブログ

報道の在り方を話し合う、第11回日中韓テレビ制作者フォーラム札幌大会

先日、テレビからふっと聞こえてきたニュース

日中韓(順不同)というアナウンサーの声に『どんな行事だろう』見ると

テレビ製作者フォーラム札幌大会の映像が流れていました。

一般の方も参加?というか、拝聴できるのか

まったく告知を知らなかったのわからなかったです。

調べてみると

日中韓の放送関係者が一堂に会してテレビの可能性を探るフォーラム。
各国のドラマやドキュメンタリーなど計11本を上映し、シンポジウムや分科会で討論する。

9月23日(金)(祝)午後1時15分からの緊急フォーラムでは各国の震災番組を上映後、
「震災 テレビはどう伝えたか」と題しシンポジウムを行う。


これに関しては、3月の大地震以降に韓国語の先生と話したことがありました。

日本で暮らす韓国語の先生は両方のニュースを見る機会があります。

日本のニュースで見たことがない、もっと悲惨な状況が
韓国のニュース番組に流れている。

私もそのニュースを見せてもらいました、日本のニュースでは
見たことがない映像がありショックを受けました。

単純にショックを受けたのではなく、大変な状況にあった
東北地方の方達は再度こういった映像を見ると、衝撃を強く受けるのではないか

逆の見方では、ニュースに流れている映像はより、はるかに悲惨な
状況が起こっていたとしたら・・・

どちらがどうとは言えませんが・・・ふとそう思った事がありました。

パネリストは「NHKスペシャル」の鎌田靖キャスター、TBS「報道特集」の金平茂紀キャスター、
中国・四川電子台と韓国・KBSのプロデューサーや記者。東北の被災地からの避難者も参加を予定している。

25日午後1時半からは、北大東アジアメディア研究センター主催の公開シンポジウム
「東アジアとメディアの新たな可能性」を行う。いずれも参加無料、同時通訳あり。
24日(土)午前9時から上映される韓国ドラマ「向かい合って笑おう」、
フジドラマ「フリーター、家を買う。」、バスケットボールで有名な
少数民族の村を描いた中国のドキュメンタリー「暑立里」(いずれも10年)は市民も鑑賞できる。



私が見たニュース映像は何日のフォーラムだったかは
わからないのですが

知っていたら、ぜひ聴いてみたかったフォーラムでした。

報道関係や専門家ではないですし、どちらかを非難することや意見することが
出来る立場ではありませんが

ぜひ専門家の立場の意見を聞いてみたかった行事でした。


スポンサーサイト



tag : テレビ製作者フォーラム札幌大会日中韓報道の在り方

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おみくじ
リンク
twitter
SHIMANO UCHIDA
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR