fc2ブログ

少女の幸せを取り戻してほしい。どうして今まで救えなかったのでしょうか?

北海道新聞より抜粋

どうしていままで救えなかったのでしょうか。

先月中旬、札幌市の無職少女(16)が、覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕された。

少女は、小学6年の頃から実母に命じられて売春をし、そのほとんどを実母に渡していた。
覚醒剤も実母に勧められて始めた。


20日午前、少女にわいせつ行為をしたとして、男性(36)を
道青少年健全育成条例違反容疑で逮捕した。


少女が逮捕され、札幌市内の自宅アパートにいたところを任意同行を求められ、
尿検査で覚醒剤成分が検出された。実母の再婚相手に注射されたという。

少女の説明では、両親は幼い頃に離婚し、実母と生活していた。父親がわからないほど複雑。
実母は覚醒剤の乱用者で逮捕もされている。

少女は、実母に命じられ小学6年の時に初めて売春をした。自分で出会い系サイトにアクセスして相手を探し、
もらった約1万円は実母に渡した。
実母からは「覚醒剤が欲しいので、やってきて」と命令されることもあったという。

実母が覚醒剤使用で逮捕された数年前、少女は児童相談所に保護された。
しかし、実母が出所すると再び同居を始め、中学にはほとんど通わず、
実母や暴力団関係者とのつながりの中での生活が続いた。

肩や胸には母親と再婚相手に入れられたアルファベットのタトゥーが痛々しく残る。
少女に、これまで逮捕歴はなく、こうした生活実態は、取り調べの中で判明した。

少女が覚醒剤を始めたのは今年5月から。実母に勧められ、逆らえなかったからだという。
20日に逮捕された男は、覚醒剤の売人とみられている。
 
背筋が凍るようなこの記事に怒りと切なさで何とも言えない気持ちになりました。

児童相談所に一度保護をされたがまた実母と暮らしているという実情に

驚愕しました。

児童虐待防止法では、実親の暴力に対しての保護や

その資格がなかったような場合には下記のような措置があるはずである。

保護者の同意が得られない場合であっても子どもの安全を最優先にした実施
虐待の確証が得られない場合においても、児童の安全のため一時保護による診断・判定も辞さない

どうして再度、悪の巣のような
場所に戻してしまったのか残念でならない。

今までのケースでも確かに親に虐待にあっている子供でも

自分が悪いからとか、酷い虐待をうけても実親を愛し
実親を心配する子供が多い。

この少女も家賃など生活の心配もしているという。

少女は先月末、家裁に送致された。今月下旬にも少年審判が開かれる。

まだ16歳の少女に過酷な状況が

痛ましくてなりません。

児童相談所、家裁、児童福祉従事者、心、身体のケアをする方々が

総力を尽くして、幸せな普通の少女の生活に戻せるようにしてほしいと切に
願います。

彼女は専門学校に行って仕事をしたい」と将来について話すようになったという。


少女の幸せを取り戻してほしい。





スポンサーサイト



tag : 児童虐待防止法家裁福祉児童福祉関連者道青少年健全育成条例違反少女の幸せ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おみくじ
リンク
twitter
SHIMANO UCHIDA
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR