fc2ブログ

日本語は美しい、でも言葉って難しい~ 文化庁国語世論調査より

今朝のニュースでも報道されてましたが

思い違い、認識違いの漢字や単語があるという調査

国語に関しては自信がある私ですが・・・

以下北海道新聞より抜粋

71%が「姑息」を誤用 文化庁の国語世論調査


言葉の意味を尋ねる質問で、「姑息」を「一時しのぎ」と正しく回答したのは15%にとどまり、
71%が「ひきょうな」と誤った。


姑息」を71%の人が誤用し、「声を荒(あら)らげる」という慣用句を
「荒(あ)らげる」と間違える人は80%に上ることが15日、
文化庁の10年度国語に関する世論調査で分かった。


私も姑息=卑怯だと思ってましたが

一時しのぎとは・・

まあこれも卑怯であること?の範疇にはいる気がしますね。

すると、『卑怯な奴』 は間違えて 一時しのぎな奴??意味はわかりますが・・・

姑息な手段』は誤用ではない気がしますが・・・
どうなんでしょうか?


外国語を勉強してると言葉に敏感になりますし
十分注意する必要もありますし
あらためて自国の言葉の美しさなどを認識する場合があります。


「言葉遣いに関心がある」と答えた人は06年度調査より4ポイント増え81%に上ったが、
「来れる」「食べれる」など本来正しくない「ら抜き言葉」を使う割合も増えた。文化庁は「言葉が変化していると感じる人も増えている」と分析している。

私も『ら抜き』気になりますし、○○でよろしかったでしょうか

よく言われますが、きになります。

小春日よりというのも、誤用されることが多い単語ですが

私はこの言葉の音の響きが好きです。この単語は英語の小説の中に

でてきて、当時、日本語訳がこれで意味を知ったときは

完全に間違って覚えていたことを知りました。

この時期?これからの時期使いたくなる単語です。


スポンサーサイト



tag : 国語文化調査姑息小春日和誤用美しい日本語

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おみくじ
リンク
twitter
SHIMANO UCHIDA
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR