fc2ブログ

やっぱり、不安~な公的年金 今こそアフラックWAYSや個人年金を~

厚生労働省が民間の個人年金や医療保険の加入意識調査の結果を発表しました。(2009年度)

民間の個人年金に加入している理由(複数回答)について
公的年金だけでは生活に不安があるから」とする回答が53・1%を占め、

公的年金制度の不信感が高いことが分かった。

しかし、逆に最も頼りにする老後の生計を支える手段については公的年金が57・9%と最多で、
03年に実施した同様の調査に比べ2・6ポイント増えた。

前回の調査が2003年というのがちょっとビミョウな統計ですが・・

もっとも頼りに出来る支えが公的年金で57.9%もあるというより
今回未曾有の打撃を受けた日本で、まず最初に国家、公的機関が頼りだと思ってしまった方
が前回の調査より多いのではないかと思います。



年金の加入状況(複数回答)を聞いたところ、民間の個人年金に加入している人は16・2%で、
03年の同様の調査より7・9ポイント下がった。

こちらの調査についても不況が続く日本です。
節電もそうですが、家計を見直す時には、贅沢とされるものやひっ迫していないものから
目の前にある、ひっ迫しているもの優先でいきますので・・
ポイントが下がったのではないでしょうか?


中々、民間の年金まで手が回らなくなったのかもしれません。

ですが、保険というのは貯蓄と違って加入後
短い期間で解約すると返戻金が少ない場合がありますので要注意です。

アフラックの調査では東日本大震災をきっかけに個人所有の資産を株式などの
リスクのある資産ではなく、直ぐに引き出せるものへ移行する傾向があるようです。

また所得や雇用不安から手元の資金を増やしておきたいという状況から

アフラックでいえば個人年金WAYSという普通預金とは違う戻り率の良い商品が人気です。

一歳でも若いと保険料が安いですから、検討する価値が大です。

WAYS 30歳加入男性 60歳で保障移行可能年齢 保険金額 500万円設定

保険料払い込み金額が3.193.200円に対して年金コースで受け取り場合3.881.200円
単純に計算しても121.5%の戻り率です。

WAYSという商品は60歳になったときに年金、介護年金、継続死亡保障、医療保険へ
ご自分で選択するという商品です。


今から、その時の事は考えられない・・・・という方や、時代というものに不安を抱いている方などにも
合っている保険だと思います。


ただ、漠然と不安です・・と言ううよりも
現在の資産を有効に活用することのアドバイスをすることも可能です。

ぜひ弊社の保険相談をおすすめいたします。






スポンサーサイト



tag : 公的年金不安厚生労働省アフラックWAYS個人年金東日本大震災戻り率上手な資産活用貯蓄と保険

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おみくじ
リンク
twitter
SHIMANO UCHIDA
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR