fc2ブログ

妻の生きる道 平均寿命世界一の日本の妻たち!へ


日本は世界に名だたる長寿大国ですので

老後をどう生きるか、老後の資金はかなりかかると言う説は
どこかで耳にしたり、考えた事があると思います。

先日の夕刊フジの記事です。

日本女性の平均寿命は世界一である・・これを自分の介護は妻が
面倒を見てくれることが出来ると、楽観的な解釈もできます。

ですが夫が亡くなったあとの妻の老後資金は・・・

思っているより、長くなる可能性があると言う事です。

現在60歳の女性のへ基金余命は28年

平均で88歳まで生きることになる、男性の82歳に比べて6年も

長いことになります。

では何人くらいがその範疇なのかを計算する必要がありますので

生存確率を25%まで広げると88歳まで生きている確率は50%で

残り25%は94歳までの確率が発生します。

赤ちゃんが、大人になって結婚してという過程と同じくらいの年数になります。 34年!!

この60歳からは親の介護や自分の身体の衰えなどで(+配偶者である夫の介護)

ますますお金が必要な時期に突入することになります。

老後資金は夫婦二人の生活に使う分と妻が一人になった時の必要な分と
分けて資金を用意する必要があるということです。

FPの試験の中に資金活用で老後資金の計算があるのですが

単純に計算していくと、え?というお金が必要になるのでびっくりします。

それは住んでいる地域や加入年金にもよりますが・・


そんなお金がない、とか、年金も目減りしていくだろう・・

そのときに公的援助はどの程度まかなえるのだろう・・色々考えると不安がつのります。

今から、ちょっとでも考えようとか、目の前にせまっている?

老後を迎えるご両親をお持ちの方など、アフラックの保険の中には

今後の資金を考えるための利率の良い運用ができる商品がたくさんあります。

それと一緒に医療やがん保険なども全般的に考えてアドバイスすることが

可能です。

弊社のFPにもぜひご相談が可能ですので、お気軽にご相談ください。




スポンサーサイト



tag : 日本女性の平均寿命は世界一アフラック生命保険利率のいい運用老後資金FPのアドバイス夫の死後の資金運用94歳まで公的援助

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おみくじ
リンク
twitter
SHIMANO UCHIDA
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR