fc2ブログ

家族構成と自殺リスク  人生後半の暮らし方は??

国立がん研究センターはこのほど、家族構成と自殺との関連について調査結果をまとめた。
それによると、妻と同居していない男性は、一緒に暮らしている人に比べて
20110801-2.jpg
自殺リスクが約2倍と、高いことが明らかになった。

女性では、同居者が親だけの場合にリスクが上昇するなど、男女間で差があることも分かった。

(1990年と93年に岩手、秋田、茨城、新潟、長野、高知、長崎、沖縄各県の
 9保健所地域に住んでいた男女約10万人(40-69歳)について、2005年まで追跡調査した)

男性290人、女性116人が自殺によって死亡。
年齢や環境、飲酒喫煙 家族構成などを調査したものである。


女性は「親と本人」世帯がリスク大きいが、「子どもとの同居」でリスクが低下する傾向が見られたという。

                                 (統計学的には有意ではない)

「一人暮らし」「同居者が親のみ」「同居者が子どものみ」「同居者が親と子」という男性は、
同居者に妻がいる男性に比べ、自殺リスクが2倍前後も高かった。

このため、男性の場合、「妻との同居」が自殺に対して予防的に働いているとみられる。

女性は男性ではリスクが高まった「一人暮らし」との関連は見られず、
「夫との同居」による差もなかった。
女性の場合は これらの背景として、精神面以外に生活能力や収入、
親の介護負担などの影響が考えられるとしている。

こういった調査にもとづき公衆衛生対策として、そのようなハイリスク者を支える
社会的なシステムを構築することが求められる」と指摘している。

最近世の中を見ると、日本は元々、女性の方が平均寿命が高く
配偶者が亡くなった後の生活が長いと言われていますので
そういった事を認知しながら暮らしている方が多いような気がします。


勿論、様々な生活があるので、闘病している方、仕事をずっと続けている方
介護されている方、お孫さんの面倒を見ている方・・・・・・・

色々ですが、女性の方の方が、生活を楽しむ術を身につけていらっしゃるような
気がします。

逆に、昔から言われてるようですが、妻が先に亡くなってしまった
場合、男性は悲観的になったり、どうしていいかわからなくなるのでしょうか?

これからの高齢者社会に向けての地域や国で色々な事が模索されていますが。

現役を退いても元気に楽しく余生を暮らせる工夫や
計画は漠然と40代後半~からはじめると聞いたことがあります。


使いきれないほどの資産やお金がある方は
お金の心配をせずに、生きがいを見つけたり、病気にならない健康的な
暮らしをすることを心がけると良いですが・・

人生後半の準備 長く生きるとお金もかかります、公的年金だけでは
この先大変なのは目に見えています。

アフラック保険での退職金の運用、生命保険の年金や介護保険、相続の問題など
弊社でもご相談にのる事ができます。

お電話で、メールでご相談をお気軽にどうぞ・・・

蛇足ですが、伊良部選手の自殺、びっくりしました。切ないです。

ご家族と同居されていたのでしょうか

自身のブログが炎上してしまった、俳優の高岡蒼甫さん

彼は自殺未遂の経験があると話していますし、物議をかもした、発言はさておき

奥様である宮崎あおいさんとご連絡がとれない状態だと書かれています。

心配になります・・・



スポンサーサイト



tag : 自殺リスク男性一人暮らし妻との同居家族構成と自殺リスク伊良部選手高岡蒼甫人生後半の準備アフラック年金介護保険

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おみくじ
リンク
twitter
SHIMANO UCHIDA
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR