fc2ブログ

2010年平均寿命が前年より低下、がんでの死亡割合も減りました。

2010年の平均寿命男性79.64歳、女性86.39歳で、
女性は05年以来5年ぶりに前年を下回ったことが、
厚生労働省が27日発表した調査で分かった。

男性は5年連続で過去最高だった。
男性の平均寿命は前年より0.05歳延び、女性は過去最高だった前年を0.05歳下回った。
男女差は0.1歳縮小し6.75歳となった。

女性の平均寿命低下について、厚労省は「昨年の猛暑で、熱中症や心疾患による
死者が増えたためではないか」と分析。男性でも熱中症による死亡が増加したが、
がんなどで死亡する割合は減ったため、全体として寿命が延びた。(2011/07/27-17:07)

厚生労働省が発表した2010年の平均寿命です。

下がったとはいいますが、まだ平均寿命では
世界の国のトップクラス 長寿大国であります。


低下した原因として
昨年は熱中症による死者が過去最多の1718人で8割が65歳以上の方が多かったこと

他に昨年、大々的にニュースとなった亡くなっているのですが
戸籍上の手続きをとていなかった事件がありました。

ご家族が年金をずっと受け取っていたなどの理由で
死亡しているのに死亡になっていない
統計上では、かなりの高齢者が生きているということになった
などの事件です。

最も平均寿命が短いのは、アフガニスタンとジンバブエで42歳。

びっくりしますね、医療システムが進んでいない、経済状況が悪い、戦地であったなど
理由は様々あると思います。

日本は医療システムや健康保険制度、各生命保険など、先進国として必要な制度が
整っていますのでここまでの長寿大国になったのでしょうか。

しかし、現在は長寿と喜んでばかりはいられません。

ガン年齢だと言われる中年をすぎても、かなり長く生きていくのですから・・・・

若いうちに保険に加入すると、安い保険料え加入できます。
今はまだいらないと思っていて、高齢になって加入したいと思った時(高い保険料となる)

病気だったりすると保険加入は厳しい状況となります。

がんでの死亡割合が下がったという統計・・

これは何よりも、がん検診へ行くことへの啓蒙の成果
がんの治療の目覚ましい発達があると思います。
がんは、もはや、必ず死に至るという病ではなくなってきています。

早期発見で完治するケースが多いです。がん治療を長期にわたり継続する必要があった時には

アフラックのがん保険DAYSや医療保険EVERなどが重要な
役割を果たしてくれます。

診断給付金、入院、手術、給付を受けられ、さらにプレミアムサポートや

ご病気を闘う時に、ご自分の事以外、一切何も考えず
治療に専念できるはずです。

ぜ保険の見直しやお見積りは弊社HPからどうぞよろしくお願いたします。


NHKの報道によると、今月24日までに熱中症で病院に搬送された人は、全国で2万2418人
になります、平均寿命に影響がでますでしょうか?

北海道は別として関東地方、関西、九州地方など
あまりにも節約をして熱中症にならないようにご注意を
スポンサーサイト



tag : アフラックDAYSEVER長寿大国平均寿命厚生労働省熱中症長寿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おみくじ
リンク
twitter
SHIMANO UCHIDA
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR