fc2ブログ

高額療養費見直し(平成15年度から)と医療保険

高額療養費制度とは、医療機関の窓口で支払う1カ月分の自己負担(医療費の1~3割)
の上限額を超えると健康保険組合などから払い戻しを受けられるという制度です。

厚生労働省は長期療養者の負担上限額を2段階で引き下げを平成15年度実施をめざす。


現在は過去1年間に3カ月、上限額を超える治療を受けると4カ月目以降の上限が下がる仕組みだが、
これを9カ月限度額を超えた人は、さらに10カ月目以降の上限を下げる。

自己負担の月額上限は所得や年齢で異なり、
70歳未満の場合▽低所得者(住民税非課税世帯)3万5400円
▽一般(年収約200万~800万円)約8万円
▽高所得者(同約800万円以上)約15万円。

年に3カ月、限度額を超すと、4カ月目以降
▽低所得者2万4600円
▽一般4万4400円
▽高所得者8万3400円に引き下がる

この制度があってもがんなどの長期治療者には、負担が大きいため
9カ月上限を超えれば、10カ月目からはさらに引き下げる検討を始めた。
年収600万円程度の人なら3万円台となる見通しだ。

ただし、これだけでは自己負担が毎月ギリギリ上限額を下回る人は救済されない。
さらに年間の負担総額にも年収に応じた上限を設定する。
また所得区分についても、「一般」のうち「300万円程度以下」と
「600万円程度以下」のそれぞれに、従来より低い上限を設ける意向だ。


所要額は約4000億円。
外来患者の窓口負担に100円を上乗せ徴収することで、医療給付費を税で、保険料で2700億円浮かし
財源とする考えだ。

高額医療を受ける患者の負担軽減のため、一般患者の負担を増やせば、患者間で対立感情が高まる恐れがある。
という財源に関しての慎重に行うべきとの意見もある。

がん患者 お金との闘いの著者 金子明美さん(当時41歳)のご主人は
「妻の訴えが少し国に届いたのではないか」。と話している。

高額な抗がん剤治療の経済負担に苦しんできた妻の明美さんは大腸がんで昨年1月に亡くなる直前まで負担軽減を国などに訴え続けた。


長期的な治療が必要ながん患者への医療費の負担を減らす事を国や政治家は
もっと考えて早急に、患者さん達が安心して治療に専念できるよう、家族が安心して

患者さんを見守ることができるようして欲しいものです。

生命保険を扱う私たちアフラックは、がん検診受診への啓蒙
医療保険がん保険の加入の必要性や重要性を知らせていきたいと思います。

高額療養費の上限額が越えると払い戻しがありますが、支払いしなくても
いいわけではありません。

さらに、治療中は身体の負担と心の負担、ご家族へのケア

一家の大黒柱であるならば、収入の軽減を懸念する事が必要です。

そのために、医療費の他にもこまごました費用がかかります。

治療費以外にも交通費や治療後にサプリメントを摂取したり
部位によっては、特別な下着やケアを必要になります。

それらを補ってくれるのが、がん保険医療保険です。

私の友人も現在、がん治療中ですが、がん診断給付金は、本当に
助かっていると話しています。

元気なうちに、若いうちに、がん検診に行くことと

ご自分の生命保険、医療がん保険の大事さを今一度ご検討ください。

弊社では、無料で見積もり、ご相談を承っております。お気軽にお電話、メールでお寄せください。








スポンサーサイト



tag : 高額療養費制度がん患者お金との闘い金子晴美さん抗がん剤高額治療費長期治療者がん保険医療保険

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おみくじ
リンク
twitter
SHIMANO UCHIDA
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR