fc2ブログ

健康リスクと携帯電話発がんリスク説 再び~結果 科学的根拠なし~

以前にもこれをテーマに書きました・・・が

世界保健機関(WHO)から出されたが、英国と米国、スウェーデンの研究者で構成する専門家委員会は、
「携帯電話による発がんリスク説」に科学的証拠はないとの調査結果を発表した。

 2日に学術誌に掲載された論文で同専門家委員会は、過去に報告された調査の大規模な見直しを
行ったところ、携帯電話の使用とがんの関係を示す有力な証拠は何もなかったと結論付けている。

論文も読んでいないし、どうする事も出来ませんが(笑)

意外と気軽?に言われるとびっくりしたのですが、「どっちですかああ!!」と
尋ねたくなりますね。

脳腫瘍を引き起こす可能性の方も・・

携帯電話からの電磁波が腫瘍を引き起こす恐れがあるとの説についても、
確固たる生物学的メカニズムは見つかっていないと指摘。
「いくつかの不明点は残っているが、これまで蓄積された証拠では、
携帯電話の使用が成人の脳腫瘍を引き起こす可能性があるとの仮説に反する傾向が
ますます強まっている」としている。


世界全体で約50億台が使われているとのことです、

日常生活に必要不可欠な存在となっている携帯電話を、
健康リスクだけを理由に消費者が使わなくなることはないとみている。

もし、この説に対して明確な見解がなされたら
何年か後には、携帯電話歴 何年とか、保険の申し込み時に
書く欄ができてしまうでしょうか?

生命保険では喫煙者非喫煙者では若干ですが保険料に差がでます。

当然、過去に病歴があっても加入できる保険などは割高になっていますし

リスクをいう意味では、年齢を重ねると保険料が高くなるのは当然です。

なので、私たちアフラックでは、年齢が若いうちに・・・・

健康なうちにご検討をとメッセージを送っているわけです。0310_3.jpg

お元気なうちにご検討いかがでしょうか?


スポンサーサイト



テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 携帯電話発がん性リスク健康リスクアフラック保険脳腫瘍喫煙者非喫煙者

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おみくじ
リンク
twitter
SHIMANO UCHIDA
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR