fc2ブログ

相続放棄の期限迫る・・期間延長の申し立てをしてください~

東日本大震災から3か月となるのを前に、被災地で「遺産相続を放棄すべきか否か」という
被災者からの法律相談が相次いでいる。

亡くなった親族に借金があった場合、3か月以内に相続放棄の手続きをしないと、借金も相続してしまうからだ。被災の混乱で資産状況を把握できないケースも多く、
弁護士らは、判断に迷ったら「期限延長」を申し立てるよう呼びかけている。

津波で兄を失い、避難中に父親も亡くした宮城県南三陸町の50代の女性は、
相続放棄の期限が迫っていると知り、6日に同町で開かれた無料法律相談会を訪れた。

父と兄が経営していた会社は借金があるらしいが、津波で会社も書類も流され、取引相手もわからない。
(2011年6月7日03時03分 読売新聞)

という記事を読みました。

最終的には弁護士さんへ相談という形になるという事ですが・・
この記事にもありますように

地域では法律の無料相談なども開かれている(東北地方だけではなく
各都市各地域では必ず行政機関でこのような法律相談をおこなっていますので
まずはご相談を・・・)

またコメントとして
まずはどこに債務を負っているかを調べることと助言がありますが・・

これは難しいですね、本当に。

保険会社や金融機関などでは、証書がなくなった、などでも
支払いが可能になるような措置をしていますが・・

ご主人ならまだしもお父上、ご兄弟などの親族になると

どのような債務がどういう形であるかなどを調べるのは至難の業です。

また、借金があるかどうかさえわからない場合があります。

今回の災害でご主人が不幸にもお亡くなりになってしまった
家も流された、でも生命保険等に加入していた
もしくは公的年金関係などは
生命保険会社や金融機関、各行政で調べるのはそれほど難しくはないです。


でも、今回のこれに関しては被災されて、やっと復興にむけて暮らしている
方達や高齢の方には、調べるのがとても大変だと思います。

復興や再起のために、保険金を受け取った
生き残った方が、後にまったくわからない債務などで
支払い義務などが生じることがないように

お心あたりがある場合は、まずは期間延長を行った方がいいでしょう。


国会、政府も、考える事しなくてはならない事が山のようにあるはずです。
無意味なことに時間をさくより・・・
もっともっと東北地方の復興に力を注いでください。

弊社のFP2級のプランナーがおります、生命保険に関する事のお問い合わせも
行っております。


スポンサーサイト



tag : 相続放棄期間延長生命保険死亡保険金3ヶ月期限せまる債務調査弁護士FP2級プランナー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おみくじ
リンク
twitter
SHIMANO UCHIDA
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR