fc2ブログ

科学とセレンディピティ。これからの時代が求める能力~

秋山仁先生の講演会に行ってきました。             

数学者としてテレビなどでおなじみのバンダナ?
を巻いて髪はパーマの?かかった激しいヘアスタイルの          
楽しい秋山先生。 なんと御年64歳とのこと。

若々しく1dfa1751_convert_20110310150503.jpg
エネルギッシュで楽しい素晴らしい方でした。

数学者の講演、しかもお題は科学の芽」 

実は・・・数学、物理 科学 科学 超苦手でした。

数学といいうよりは、算数の頃からダメでした

理解できるかな?楽しんで聞けるだろうか??とか、
なんか実験や科学について質問されたら
どうしよう~などど考えてました

案の定?デスクの上には・・ビミョウな紙でできた何かが
おいてありました。

110309_130951.jpgこれは最後に実験で使う道具でしたが・・

数学というものに対する日本過去の教育方法~はじまり、これからの教育に関して
文科省における、教育の他に家庭での親の教育の在り方・・・

退屈な話は何一つなく(先生自身もお水の1杯も飲まれずに・・)

壇上に飲み物は用意されていたようですが、ペットボトルでした、ご自身で用意されたのか
主催者側なのか、不明ですが・・あの状態では飲みにくいでしたね。やはり水差しが良かったのでは??

内容の全てが、ほーはー、そうか、そうなんだ!そうだったんだ!!と

納得したり、感激したり。

現代の受験戦争の話、例の携帯電話カンニング事件にも言及され、これからの子ども達に
必要な能力~仕事をするうえで必要な、求められる能力とは・・

それを見つけるのは見出すには、身につけるにはどうしたらいいか??

全部は書ききれないですが、気になった点をいくつかご紹介しましょう。

教育者に必要な5つの者 先生とは(子を育てると言う事で親も含む)どうあるべきか?

1. 学者であれ 子どもに聞かれる事にはちゃんと答えよう、わからなければ一緒に調べよう。
2. 医者であれ 数学アレルギーなどにならないように、子どもが困ってる部分などを診断する。
3. 役者であれ とにかく褒める、褒めてやる気をださせる。そのためには演技も必要。
4. 易者であれ 子どもを良くみて、どの分野が得意なのか、この子にしか出来ない事を見極める
        導くために予測が必要。
5. 忍者であれ これは先生のアドリブというか、高度なギャグらしいですが、子どもの教育には
        忍耐がとても必要である。


世界各国の両親に「自分の子どもは誇らしいか」の質問に対して欧米諸国は
総じて「誇らしい」と答えるが日本はほとんどが誇らしいと答えていない。

どんな、小さな事でも子どもを褒めよ、5つ褒めて1つ叱ろう。
それで子どもはやる気をだし、やる気が出れば頑張れる、頑張れば出来る

子どもとはすばらしい、人類の宝であるので、しっかり育てようとのことです。

携帯電話の扱いと数1の問題への扱いはどっちが難しいか・・・
ドコモの携帯マニュアルは、こーんなに厚い、それを理解して使用している
数1のテキストというのは、こーんなに薄い、こっちの方が基礎をわかっていれば
絶対簡単である。というような話には大爆笑でした。

数学アレルギーを作らないでください!!と力説。

実は質問コーナーは30分以上の延長があったので、なくなってしまいましたが・・

私も自分でどうして数学アレルギーになってしまったのか、質問したかったです。

これからの時代に求められる能力
幅広い教養、独創的発想や新しい仕事を生み出せること、他人や社会に興味があること、
好奇心旺盛柔軟な発想、やる気

わかります他人に興味がない、ホスピタリティの欠如した
方が人を世話する仕事ついても、業務としてそつなくは出来るかもしれませんが
本人も相手も・・イマイチだと思います。


IT時代に求められる能力
情報を集める、分析し、問題点を摘出、解決策を考え選択できる、実行力
失敗しても他の選択を出来る、結果について評価できる

国際的な仕事をするために求められる能力
学習、冒険、創造、好奇心、職務能力、言語能力 
さらに昨今、日本では、ほとんどスキルとしてあがってなかったものに

ユーモアのセンス、感受性、強力な対人スキル、強い意見を持ち続ける、
リスクを進んで選ぶこと。←これらは本当に対外国と渡り合う、関わりをもつ時に
必要なもので、ぜひ全て備えた人だけを外務大臣にして欲しいなと
思ったりしました。

最後にノーベル賞の鈴木先生や、過去のレントゲンなど物理、科学には
セレンディピディ能力が関わっている。人が身につけている能力であるとのことで。

そのセレンディピティとは・・・

セレンディピティ(英語:serendipity)は、何かを探しているときに、
探しているものとは別の価値あるものを見つける能力・才能を指す言葉である。
何かを発見したという「現象」ではなく、何かを発見をする「能力」を指す

これからの時代に必要な能力とのことで・・・

ぜひそう言った芽を摘まずに伸ばせてくださいとのことでした。

ちなみに・・先生は、音楽を通じて、由美かおるさんと、素敵なお付き合いをされているそうで

お幸せに~と思ったりしました
スポンサーサイト



tag : 秋山仁数学博士褒める子育て科学日本の教育ノーベル賞セレンディピティ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おみくじ
リンク
twitter
SHIMANO UCHIDA
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR