fc2ブログ

小樽 古民家 京都のように再生なるかな?

韓国からの
お客様を 予約あれば 通訳案内を冬からしています。 友人と二人 022_20170306162843894.png


札幌通勤だと 小樽の街を歩くことが
ほんとうに少なくなっていたこの頃ですが

最近 そのために色々変わったこと よくなったことなど
見ることができる。

今日の記事に 小樽古民家 
築84年、小樽の古民家を交流の場に 札幌の福尾さん、仲間と改修に着手

という記事を読みました。

同時に このような記事も

小樽市のNPO法人小樽民家再生プロジェクト、市内に300棟以上残る古い石蔵を保存・活用し地域活性化を図るため、
市民団体「小樽石蔵再生会」を今秋、設立する。
9月には石蔵の所有者らを招く「小樽石蔵シンポジウム」を開催。

石蔵の歴史的価値や維持策を議論し、同会への参加を呼び掛ける。

友人は小樽案内人であるので  歴史的建造物の説明をしますし
公開されている日銀や日本郵船の案内もして歩きます。

路をあるいていると  古い建物のカフェもありますし
  蔵や倉庫と ガラスと運河の街になったその経緯と関係もわかる。

    古民家 町屋  京都で再生がうまくいっていたり 宿泊施設や
    ワークショップをしているところなどもあります。

    ぜひ  そのようなことを活性化して小樽の新しい魅力となってほしいですね。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おみくじ
リンク
twitter
SHIMANO UCHIDA
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR