fc2ブログ

面白い記事 カタカナと日本人

駅伝にしても
野球にしても
? 日本人じゃないの?って

カタカナ表記で名前がかかれていると

長いこと日本人はそう思う  という記事を
ネットでみました。


昨年のラグビーワールドカップで 外国人が多いんだね~日本代表といえどもという

それは「日本人か外国人か」というような発想で考えている場合ではない、というくらい仕事の環境が変化しているからだと思う。で、そういう環境に身を置いている人にとっては、どこの国の人間かというより「どういうチームで働いて目的を達成するか」が遥かに重要だからだ。 


「まわりが日本人だらけ」の環境の人にとって、外国人はいつまでたっても“ガイジン”という考えがはたらくという。


日本語では表音文字が2種類あって、カタカナは外来語表記に使われるようになった。
そうなると、漢字圏以外の外国人の姓名はカタカナ表記なので「代表一覧」とか見れば、一目でわかってしまう。

ラグビー出場国の多くはアルファベット表記で、もちろん綴りによって民族の系譜などはわかるかもしれないが、
日本のようにハッキリとは見えないだろう。


確かにダルビッシュ選手がでてきたときに
そう感じたのを覚えてる。

現在 学校には普通にカタカナ表記の同級生が多数いるらしいし
漢字圏の学生さんもいるらしい。

こういうことが普通になっていくと  日本人だからとか
日本人 そいういうくくりでせまく考えることがなくなっていくような気がする。

ちょっと色々  考えさせられる  記事でした。
スポンサーサイト



tag : 日本人がいじんかたかな表記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おみくじ
リンク
twitter
SHIMANO UCHIDA
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR