FC2ブログ

あなたのがん保険は先進医療は受けられますか?

陽子線でがん治療-北大が13年度末完成へ道内初の施設に着工


北海道建設新聞社より抜粋

陽子線治療は先進治療です。

がん組織を陽子線を用いて治療する、分子追跡治療です。

陽子線はX線のように体内を透過せず、体内にとどまってがん細胞の手前で線量が最大になる特性を持ち
X線以上に目的部位をピンポイントで治療でき、大型のがん組織や動くがんの治療にも効果があります。
正常な細胞への影響が少ないため、
患者負担の軽減も図ることができるという。


いわゆるがん治療における副作用が少ない特長があります。


アフラックの医療保険EVER、がん保険Daysには先進医療が特約として
ありますので,加入されている方も多いと思います。

保障額に比べて特約保険料はお安いです。


先進医療とは通常どこでも行っている治療ではなく

全国でも限られた医療施設で行う特殊な治療で
一般の保険診療で認められている水準を超えた
最新の先進技術です。かかる費用は公的医療保険が適用にならなず
全額負担です。(通常の治療と共有する部分は保険診療となる)

2010年度の調査ですが
すい臓がんの先進医療重粒子線療法として
自己負担額は315万円程度(高額医療費制度は適用外)

当然高額になりますが、適応した症例に対して患者さんの身体への負担が少なく
ピンポイントに治療するということで効果が大きいです。

アフラックがん保険及び医療保険
先進医療特約加入の場合先進医療はかかった分が全額給付金として

支払われるのでこの分は支払われます。さらに先進医療一時金も
年に1回給付されます。


どこでも行っていないというと、自分の住む地域の病院施設で
先進医療を行うところがないからと
加入しなくてもいいという捉え方ではなく

加入していると、万が一の時には医療費負担の心配がなく

最先端の技術の治療を受ける事ができる
という事をあらかじめ
考えておくのが最善だと思います。

この北大の施設は2013年に完成になると同時に

この治療をうけられる患者さんがすでにもう決まっているようで
遠い知らない場所でうけるより安心ですし、治療以外の費用負担が
少なくなると思います。


今後がんの治療は発展がますます期待されます。

ぜひご自分のがん保険、医療保険が、今の医療、治療に
沿っているかどうか一度ご検討ください。

ご相談は弊社HPまたはファックス、電話でどうぞ
スポンサーサイト



tag : 先進医療 アフラックがん保険 days 医療保険 EVER 重粒子線療法 先進医療給付金 北大

おみくじ
リンク
twitter
SHIMANO UCHIDA
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR