FC2ブログ

芸術は難しい・・使命感でつい?立川市は大丈夫?でしょうか?

view1729945.jpg
ドイツ西部ドルトムントのオストワル美術館で、展示中のオブジェの模様を清掃員の女性が染みと
勘違いして拭き取るハプニングがあった。
 被害に遭ったのは、80万ユーロ(約8600万円)の価値があるとされるドイツ
現代芸術家マルティン・キッペンベルガー氏の作品「天井から滴り始めるとき」。

木を組み合わせた高さ約2.5メートルの塔の下に、水滴の痕のような模様が描かれた
ゴム製のおけが据えられている。
 美術館を管理する市当局によると、10月下旬にこの模様が拭き取られているのが見つかった。

修復は困難とみられる。市当局者は「展示作品の20センチ以内には近づかないよう
清掃会社に指示していた」と述べているらしい。


切ないーーーーー自分自身もうっかりものなので

この記事を読んだだけで人ごとながら冷や汗がでる。



下の黒い桶のようなものは模様があったのですが

それを汚れと思い拭きとってしまったらしいし、ピカピカにしたらしいので

修復がむずかしいと・・・

びっくりしたのが、専門の業者というわけではないのですね。

美術館が依頼した清掃業者との争いになるのか

清掃員の方も一因があるとみなされるのか・・非常につらいです。


20センチ以内には近づかない規則を習性で忘れて、触ってしまい使命感から
掃除してしまったのか・・・

まさかと思い、通達されていなかったのか・・心配です。

さらに立川市にもこの方の作品があるという記事を発見!!!!!

b_n69.jpg
                  どうでしょうか?

まったくこの中の色とは別な素材の何かが落ちていたとして

この作品に関係ないものだと判断して捨ててしまう可能性・・・・・・けっこうありそうですが。

可愛い作品ですね~画像だけではわかりませんがアルミニウム鋳造で出来ていて

実はサンタクロースです!!!悪い文明の中で悪くなってしまった子供を

棒をもって叱っているらしいです。 すごく好きな作品です。 さすが前衛芸術家
いう感じです。

さらにこの絵画も!!ポップで好きです。tc4_search_naver_jp_20111107182211.jpg
スポンサーサイト



tag : 前衛芸術家 マルティン・キッペンベルガー 美術館清掃 美術館 立川市 オブジェ ドイツ

おみくじ
リンク
twitter
SHIMANO UCHIDA
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR