再び芸能界の方の闘病記になりますが”高杢禎彦”さんが語る”がん”

今から9年前に

胃がんが発見された高杢氏

華やかにチェッカーズというグループで音楽活動をして

さらには俳優への道でも頑張っていた彼のニュースに当時

私もびっくりしました。

早期ではない若いころのがん発見はちょっとドキッとします。


現在は落ち着いてお話することが出来るようになったとのことですが

やはり告知当初はダメージが大きかったそうです。

胃の他に食道を半分、脾臓、胆のう、周辺のリンパなどを切除して

7時間に及ぶ大手術でした。

幸いリンパ転移が一か所で周辺の臓器の転移がなかったので

主治医の相談で抗がん剤治療は必要ないと決めたようです。


現在、胃がんは初期の段階での手術で完治する%がかなり高いです。
ですが手術後が大変なようです。

その患者さんごとに後遺症や大変さは様々ですが

高杢さんは体重が20キロも減って衣服や靴までも
以前のものではダメになってしまいました。

胃の切除をした方にしばしばみられる症状の”ダンピング症候群”(汗、手足の震え、糖分の
コントロールがきなかくなる)

も見られ、食事のコントロールも大変だったようです。

高杢さんは芸能人ですので病気で仕事をしなくなると
収入が激減してしまうものですが保険の存在についてこう語っています。

簡易保険など数種類の保険に加入していたので手術入院などの給付金
請求できたためにかなり精神的に安心されたようです。

しかし誕生日の前に加入した民間のがん保険

いわゆる待機期間と言われる90日以内の発見だったために
支払われませんでした。

高杢さんは病気になって自分の価値観が変わった事や
自分しか経験してないことなどをこれから歌や芝居、講演を通して話していきたいと
語っている。


何歳かの誕生日になったらがん保険に加入しよう~
退職何年か前になったら年金保険を検討しよう~
子育てが一段落したら医療保険に加入しよう~


そのように考えて計画を立てている方がいらっしゃるかもしれません。

元気なうちでなければ加入できないのが保険です。

がん保険が未加入の方は、がん検診を受診して

なんともなかった時に、これからご自分の身体をいつくしむために

加入する。

健康診断で元気な事が正常なことが証明された時に医療保険に加入する。先に、先にと考えておくと安心です。

具合が悪くなってから・・・・・加入はできませんので・・・・・

いかがでしょうか???

スポンサーサイト

tag : 高杢禎彦さん チェッカーズ 胃がん手術 ダンピング症候群 医療保険 がん保険 保険の存在 給付金

おみくじ
リンク
twitter
SHIMANO UCHIDA
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR