fc2ブログ

引き起こす可能性とリスク軽減・・

携帯電話の電磁波を巡っては「ペースメーカーを誤作動させる」として、一時期社会問題となりましたが、2010年5月に発表された総務省による調査結果でペースメーカーに影響を与えないことが確認されています。

しかし国際連合の専門機関「WHO(世界保健機関)」が携帯電話を「発がん性を持つ危険有害物質」に指定した事が明らかになりました。

アメリカのCNNの報道によると、携帯電話の電磁波が癌を引き起こす可能性があるとして、WHOが携帯電話をエンジンの排気ガスやクロロホルムなどと同じ「発がん性を持つ危険有害物質」に指定したそうです。

これはアメリカを含む14ヵ国、31人の科学者で構成されたチームが行った携帯電話の安全性に関する研究で明らかになったもので、脳実質あるいは脊髄実質から発生する瘍「神経膠腫」や「神経腫」といった脳におけるがんを引き起こす可能性がある証拠を発見したとのこと。


ネットで見ると、このような関連記事が沢山あふれています。

が・・・・・(コーヒーもそうらしいです。)

引き起こす可能性があるということですが。


引き起こす可能性って

単純に怖い~と言っておけばいいのか、確実な数値や数字や

実証がなされなければ、『あら、そうですか』
と知らんぷりしていてもいいものなのか・・

さっぱり判断がつきません。

このような調査や研究を行う方達は携帯電話は持っているのでしょうか???

どういう研究なのか、正式な報告書などをネットで見ても
ピンとこないような私からすると・・・

研究室などには見たことも聞いたことも、想像もできないような

機械などが研究にあたっては必要なのではないでしょうか?

そういう『すごい!!?』機械?などからは、このような事を引き起こす可能性のある
モノはないのでしょうか?

リスクの軽減というのをFPの試験の時に勉強しました。

地震火災保険や自動車保険などに加入すること、

相続や突然の事態に備えること全般がリスク軽減と・・・

生命保険もそうですね。がんになる可能性は今や2人に1人ですから。

弊社でも新しい保険 『生きるための保険Days』ご相談にのります。

スポンサーサイト



tag : がんを引き起こす可能性携帯電話アフラックがん保険生きるための保険Days

おみくじ
リンク
twitter
SHIMANO UCHIDA
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR